HOME > キッチン > 保存収納・ディスプレイ > 佐野元春 高杯/海碧

Series シリーズ

  • 高杯/藍白
    高杯/藍白
  • 高杯/海碧
    高杯/海碧
  • 高杯/灰青
    高杯/灰青
  • オーバル皿/藍白
    オーバル皿/藍白
  • オーバル皿/海碧
    オーバル皿/海碧
  • リム皿21cm/藍白
    リム皿21cm/藍白
  • リム皿21cm/海碧
    リム皿21cm/海碧
  • マグカップ/藍白
    マグカップ/藍白
  • マグカップ/海碧
    マグカップ/海碧

佐野元春 高杯/海碧

snm0002

prix:¥4,400 (税込)

SOLD OUT

再入荷のお知らせ希望

再入荷のおしらせ機能ついて

フォームからメールアドレスを入力してお申込みいただきますと、こちらの商品がWEBショップに入荷した際、自動送信メールでお知らせいたします。

※再入荷しない商品もございますので、予めご了承ください。

ラッピングのご注文

size:直径15cm、高さ約6.5cm

※手作りの陶器のため、同じ種類でも仕上がりや色合いなどに一点ごとに違いがあります。ご了承の上お求めください。


さりげない佇まいに繊細なニュアンスを秘めた
佐野元春さんのうつわ

京都にて作陶されている陶芸家、佐野元春さんの器をご紹介します。

一見控えめで、静けさを感じる佇まい。でもよく見ると繊細な釉薬の表情や微妙なニュアンスの色合い、凛としたフォルムなど魅力の詰まった器たちです。主張しすぎないので、日常の食卓にも取り入れやすく、いつもの料理もちょっとグレードアップして見せてくれるかも。

シンプルな食器がいいけれど機能的なだけでは物足りないという方にも、きっと満足して飽きずに使い続けていただけると思います。

佐野さん曰く“同じ釉薬でも窯の中で変化し様々な表情をみせるので、「藍白、海碧、灰青」という色名は、はっきりした何色というよりも名前から想像力をかき立ててくれるような色名を選びました”とのことです。


佐野 元春
1983年 愛知県生まれ
2005年 武蔵野美術大学造形学部空間演出デザイン学科卒業
2012年 京都府立陶工高等技術専門校成形科修了
2012年 京焼窯元にて作陶開始
2018年 京都府南丹市にて独立

こちらは高杯/海碧です。淡いブルーと淡いベージュが混じり合った不思議な色合いです。お皿の縁は水色がかっています。


お茶菓子を載せたり、高さで食卓にメリハリをつけることもできます。インテリアでディスプレイ用に使っても。





手作りの陶器のため、同じ種類でも仕上がりや色合いなどには一点ごとに違いがあります。


高杯は3色ご用意しています。左から藍白、海碧、灰青。


UP